のぼり旗などのクロスメディアとは

のぼり旗などのクロスメディアとは

のぼり旗とは生地と柄で制作されたシンプルな作りのもので、祭りなんかのときによく屋台の店先に見かけたりしますが、最近では飲食店の宣伝ツールとしても用いられています。

その理由として、まず看板を出すよりも低コストでおしゃれな物が作れるということが挙げられます。未使用時には、折りたたんでの収納も可能ですので、場所をとらなくてとても便利です。


のぼり旗などを総称して、クロスメディアという風に呼びます。
クロスメディアはシンプルで宣伝効果のある布製品を広く指しています。

All Aboutに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

特に大きさが店の雰囲気に合わせて臨機応変に変えられること、デザインも自由自在なところなどは、のぼり旗など布製品の特徴ともいえます。


長い歴史を持つクロスメディアですが、今もなおその人気は衰えるどころか、さらに注目を集めているように見られます。


その理由は、こういったのれんやのぼり旗に日本の風情を感じるお客さんがいるというのが理由の一つでしょう。

のぼり旗に関してとにかく簡単に調べられます。

シンプルなデザインの多いクロスメディアですが、一方で力強さも感じさせることのできるものではないだろうかと考えられます。

確かに、看板などが丈夫だということは言うまでもないですが日本料理店において、看板を使っているのはどこかもの惜しく感じる部分もないでしょうか。布での宣伝方法は日本から発症されたものになります。



よって、もしそういった日本のお店を出すなら文化にまでこだわってみていいかもしれません。
もし使用することがありましたら参考にしてみてください。

Copyright (C) 2016 のぼり旗などのクロスメディアとは All Rights Reserved.